AndroidとiPhoneの仕様を見比べる|IT制作や情報を紹介するサイトobjectivo2015.org

会員ログイン

入会する

次回以降は自動的にログインする

キーワード検索

作成日時:2014年09月22日

AndroidとiPhoneの仕様を見比べる


以前の記事でiPhoneのSafariの仕様をご説明させて頂きました。

今回は、Safariと見比べていきながら進めていこうと思います。

Android標準ブラウザ

Androidに搭載されているブラウザはSafariと同様、WebKitベースのブラウザとなっており、名称は「ブラウザ」。特に固有名詞はついていないようです。

しかし、Androidを開発したのはGoogleであり、そのGoogleが開発した「Google Chrome」に近い性能があることから「Chrome Lite」と呼ばれることもあるそうです。

そして性能面では、Safariに近い表示能力を持っており、HTML5やCSS3の対応も問題ありません。

プラグイン

プラグインはSafari同様に日対応です。

Flash Player

端末によってはスペックの制限で搭載されていないのもありますが、Androidには標準搭載としてFlash Playerがあるため、Flashコンテンツの再生が可能です。

ただ、PC用のものがそのまま再生できる能力があるため、携帯電話の回線や画面の大きさへの配慮は異なります。

文字コード

Safariと違ってAndroidでは文字コードの変更ができます。文字化けが起きてしまった時には、ユーザーが文字コードを変更して対応することが可能です。

そのため、サイト制作ではiPhoneで文字化けを起きないように考慮して作成しましょう。

ファイル操作

Androidでは、ファイルのダウンロードが可能となっていますが、アップロードはSafari同様不可となっています。

ソフトに対応したデータはソフトに保存され、開けないファイルは内臓メモリへ保存となります。このような場合は、パソコンへ接続した状態でファイルを操作し、管理ソフトを使用することで利用できるようになります。

© 2017 IT制作や情報を紹介するサイトobjectivo2015.org All Rights Reserved.