iPhoneのMobile SafariとSafariの違う点をご紹介|IT制作や情報を紹介するサイトobjectivo2015.org

会員ログイン

入会する

次回以降は自動的にログインする

キーワード検索

作成日時:2014年09月18日

iPhoneのMobile SafariとSafariの違う点をご紹介


別の記事でも書いた通り、SafariとMobile Safariでは同等の表示能力を持っていますが、iOSの制限やハードウェアの特性によりいくつか違う点がありますのでご紹介していきます。

プラグインは非対応

ブラウザの機能を拡張するプラグインというものがありますが、Mobile Safariには追加することが不可能です。そこで問題となってくるのが、AdobeのFlash Playerやマイクロソフトの動画再生をするWindows Media PlayerやQuick Timeなどのページ内で再生する機能が使えないことです。

手段としてはYouTubeへのリンク埋め込みやHTML5の機能を使って対応します。

文字コードの変更不可

設定画面を呼び出すことはできるそうですが、PC用のブラウザにあるエンコーディング設定という項目がないため、設定を変えることができません。

そのため、文字コードの設定が不適切なままとなってしまうと、iPhoneで見た時に文字化けのまま表示され、Safariでは対処法がありません。

しかし、最近ではエンコードを選択してからページを開くアプリ「文字コード選択Webユーティリティ」を使えば正しく表示できるようです。

スマートフォンサイトを制作するならば、ユーザーのことを考えて文字化けを起こさないようにするのが適切です。

ウィンドウの制御不可

iPhoneは常に全画面でアプリが展開されるので、ウィンドウ自体の大きさを変更することが出来ません、これは携帯電話とかのインターネット画面でもそうだと思います。

© 2017 IT制作や情報を紹介するサイトobjectivo2015.org All Rights Reserved.