iPhoneの画面仕様について|IT制作や情報を紹介するサイトobjectivo2015.org

会員ログイン

入会する

次回以降は自動的にログインする

キーワード検索

作成日時:2014年09月10日

iPhoneの画面仕様について


iPhoneはアメリカで初めて発売されてからその後に、iPhone 3G、iPhone 3GS…と続々とシリーズが発売されていき、現在はiPhone 5S/5Cと出ているなかで次はiPhone 6の発売を控えています。

もちろんシリーズごとに仕様や搭載している機能、スペックなどが違ってくるため、WEB制作に影響するブラウザ関連について知りましょう。

画面サイズや解像度

まずは、画面サイズから説明します。

iPhone 3G~4までが3.5インチ、5からは4インチ、発売を控える6ではなんと4.7インチや5.5インチの2サイズが出るとの噂もあります。

そして画面解像度ですが、初期は480px*320pxあたりから4にかけて980px*640pxとなります。この2つに関しては解像度が2倍へと進化していますが、ブラウザ表示時は画面サイズが同じであり、480px*320pxで表示する仕様となっているそうです。

さらに4からはRetinaディスプレイというものも登場し、さらなる進化を遂げています。

こちらは独自の精細ディスプレイの名称となっており、こちらの特徴によって3Gから4になった時に同サイズで解像度の向上が実現できました。

5になるとインチ数も大きくなり解像度は1136px*640pxまで進化しております。

サイトを制作する時は

サイトを制作する時には、画面サイズを気にする必要が出てくると思います。

PCサイトのように、大きな横幅のまま作成してしまうと、スマートフォンで見た時に横にスクロールするのが前提となってしまいます。

どのサイズを100%にするのか、何px以下のデバイスにスマートフォンサイト専用のCSSを適用させるかを考える必要が出てくるでしょう。

© 2017 IT制作や情報を紹介するサイトobjectivo2015.org All Rights Reserved.